HOME > 用語集(あ~の)

用語集(あ~の)

用語集(は~わ)
 

あ行

用語意味
色校正 指定通りに色が刷られているかチェックする作業。実際の印刷を行う前に、データの不具合や文字ズレ、色の調子などの状態を確認したい場合に行う。
オフセット印刷 現在の印刷方式の主流を占める印刷方式。版につけたインキをいったん別のものに転写してから、それを改めて印刷素材に転写する。こうすることで、版が直接印刷素材に触れないため版の傷みが少ないのが特徴。また、実際のイメージに近い、きれいな印刷物ができる。
折り込み製本 本のサイズより大きな紙を折りたたんで綴じた製本。片観音、両観音折りなど。目次や図表、写真などに見られる。
 
 

か行

用語意味
解像度 画像を表現する格子の細かさのこと。解像度が高くなるほど出力品質は高くなる。一般的には1インチ当たりのドット数で表現し、「dpi(ドット・パー・インチ)」の単位が用いられる。印刷できれいに再現するには、350dpi以上の解像度が必要。

カラーマネジメント

システム

実際の印刷物と、元原稿やディスプレイに表示された画像とでは、色に違いが生じることがある。これを防ぐため、入力、加工、出力の過程で色の管理を行うこと。ソフトウエアでカラー管理するシステムを、「カラーマネジメント・システム」という。
校正 印刷前に、文字やレイアウトを原稿と照らし合わせて誤りがないか確認する作業。誤りがある場合は修正も行う。
 
 

さ行

用語意味
初校 指定通り印刷されているか、チェックのために出す最初の校正刷りのこと。また、文字やレイアウトを原稿と照らし合わせて確認し、間違いを訂正すること。初校に赤字を入れて、訂正した上で出す2度目の校正刷りを再校と呼ぶ。
出校 刷り上がった校正紙を印刷所が出稿主に渡すこと。また広告原稿をクライアントに渡す際にも使う。
スミ 「黒」のこと。墨インクを使っていることから、この名で呼ばれる。
 
 

た行

用語意味
ダイレクト製版 印刷原稿のレイアウトが完了した版下から、直接製版用硬調フィルム・ペーパーもしくは刷版に露光して製版すること。通常は、版下工程の後にネガまたはポジフィルムを作成する工程があるが、この中間の工程を省略した製版。
デジタル印刷 文字や画像などのデジタルデータを直接刷版に転写して印刷する技術のこと。オフセット印刷など従来の印刷とは違って、印画紙や製版フィルム、CTPを必要としないため、高速化とコスト削減を実現する。
トンボ 断裁の位置や多色刷りの見当合わせのためにつける目印。版面の外にあり、十字型で昆虫のトンボを連想させるためこう呼ばれる。通常、四隅と上下左右のセンターに刷り込まれる。
 
 

な行

用語意味
中綴じ ページ数の少ないパンフレットや週刊誌などで使われている製本方法。真ん中の折り目を針金や糸で綴じた製本。
ヌキ 塗りつぶした背景の上に、色のない文字や図版などインキが乗っていない部分を作ること。通常は「白ヌキ」を指すが、ヌキの部分に色を指定したものを「色ヌキ」という。
念校 校了、責了になる前に念のためにする校正、またはその校正紙。念校を持って校了、責了となることも多い。